休学留学のお役立ち情報がいっぱい!

休学留学の履歴書の書き方

休学留学の履歴書の書き方 休学留学をしたときの履歴書の書き方ですが、休学に関しての記載は必須で出来る限り詳細まで書く必要があります。
学歴は入学と卒業見込みを書くだけの項目ではなくて、その期間で留学などをしたらそれも全て記入します。
休学留学をしていてそれを隠すと、学歴詐称となり不合格にある恐れもあるので要注意です。
休学留学した期間からその理由まで記載して、何回生の時に何の理由で何年間休学したのかという記入が必要となります。
単純に年数だけ書くだけだと不十分で、詳細まで書いてないとルール違反になりどのような経歴を持っているかも伝わりにくいです。
留学の場合でも、その理由とどれだけ休んだかを明確にし、例えば1年の時に海外に留学して休んだら1年次に海外留学のため休学と書きます。
どこの大学へしたかもきちんと書いておくことで、見る方にとっても情報がちゃんとわかります。
一言添えるだけでも情報の伝わり方が違いますし、例えばこれが病気や他の理由でも詳細まで記入することが重要です。
現状については特に必要ないですが、時間に制限がでたりするときはその旨も記入します。

履歴書に明記できるエピソードが体験できる休学留学

履歴書に明記できるエピソードが体験できる休学留学 就職活動を始めると、履歴書を書く機会が自然と増えます。
履歴書には学生時代に打ち込んだ事や自己アピールを書き込む欄があり、そこが空白だと企業の採用担当者に与える印象が薄くなるかもしれません。
まだ大学生としてキャリアが浅く、本格的に就職活動を始める時期ではなかったとしても、将来を見据えてアピールする事が出来るエピソードを作っておいた方が良いでしょう。
実際に最近の意識の高い若者は、自己アピールに役立つ休学留学を積極的に行っています。
休学留学の良いところは、一旦日本の大学は休み、海外で本腰を入れて学業に打ち込める点です。
短期留学とは対照的に数年にわたり、語学力向上や異文化交流が行えるのが休学留学の利点です。
短期留学よりも学べるスキルが多く、エントリーシートなどに堂々と書ける貴重で個性的なエピソードが手に入るのも、大きなメリットです。
休学留学の方が選べる国や地域が豊富になりますし、英語圏だけではなく、最近勢いがあるアジア諸国も留学先に検討する事が出来るでしょう。

新着情報

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 休学」
に関連するツイート
Twitter