休学留学のお役立ち情報がいっぱい!

休学留学で知っておきたい奨学金について

休学留学で知っておきたい奨学金について 休学留学とは、いま通っている大学を一時的に休学したうえで海外の別の大学に留学することを指しますが、これを考えている場合に併せて検討する必要があるのが奨学金です。
もちろん、そんなものは初めからもらっていないし今後ももらうことは考えていないという人の場合は無関係ですが、もらっている人の場合、勉強もお金があってこそ安心して取り組めるという面があることは否定できませんから、無視はできません。
一般的には、休学留学をする場合には、その旨を支給元に連絡することが必須です。
多くの場合、休学をしている期間中には奨学金の支給も停止されることになるでしょう。
これはあくまで休学期間中のみ停止されることを意味しますから、留学から戻って復学すれば支給は再開されることになります。
ただし、全体として受けることのできる期間が決まっているとか、休学できる期間の長さが決まっているというようなケースもありますから、詳細は個別に確認しておいたほうが良いでしょう。

休学留学の際には奨学金を休止して返済を停止しよう

休学留学の際には奨学金を休止して返済を停止しよう 夢にまでみた海外留学を実現させるためには、学費の心配がないように学生を援助してくれる制度を利用するといいでしょう。
日本では奨学金と呼ばれている制度のことを言い、返済義務が発生する貸与型と返済が不要な給付型が存在しているのでよく覚えておきましょう。
とくに貸与型を選択すると将来的に借金を背負うことと同じになるため、しっかりと返していけるだけの能力が備わっているのかを考えておかなければなりません。
また、海外へ留学する場合には、今在籍している大学を一旦休学する必要があります。
このような状態のことを休学留学と呼んでおり、日本の大学を休学して海外へ行くことを意味しているのです。
休学留学を希望した場合には奨学金も一時的に休止することになるため、学校の担当窓口で異動願いの様式を受け取っておきましょう。
貰ったら必要事項を記入漏れなく書いていき、しっかりと学校側に提出して休止の手続きを完了させてください。
なお、休止期間は2年を超えることはできないと定められているので、3年以上の休止を希望する場合には辞退を選択する必要があります。

新着情報

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 返済」
に関連するツイート
Twitter